そこのみにて光輝く

邦画
そこのみにて光輝く

製作国:日本 / 製作年:2013年 / 日本劇場公開日:2014年4月19日 / 配給:東京テアトル / 上映時間:120分

あらすじ

芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、「オカンの嫁入り」の呉美保監督が綾野剛の主演で映画化。佐藤泰志の出身地でもある函館を舞台に、過酷な現実の中そっと寄り添う男と女を描く。短い北の夏。ある出来事をきっかけに仕事を辞めてしまい、無為な毎日を過ごす男、佐藤達夫。ある日、パチンコ屋でひとりの青年、大城拓児と知り合う。彼は前科者でチンピラ風情ながら無垢で憎めない奴だった。そんな拓児は海辺に建つ粗末なバラックに家族と暮らしていた。そこで拓児の姉、千夏と運命的な出会いを果たす達夫。しかし千夏は家族を守るために自らの人生を諦め、絶望の中に生きていた。

キャスト

池脇千鶴、綾野剛、菅田将暉、高橋和也、火野正平、伊佐山ひろ子、菅田将暉

予告動画

タイトルとURLをコピーしました