サウルの息子

洋画
サウルの息子

製作国:アメリカ / 製作年:2015年 / 日本劇場公開日:2016年1月23日 / 上映時間:107分

あらすじ

2015年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞をはじめ、数々の映画賞を受賞したホロコースト映画。収容所で死体処理係を命じられたユダヤ人の男が、危険を顧みず正しく埋葬することに全身全霊を傾けていく姿を描く。主演はルーリグ・ゲーザ。監督は「倫敦から来た男」で助監督を務め、長編デビューとなるネメシュ・ラースロー。1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。ここに収容されているハンガリー系ユダヤ人のサウルは、同胞をガス室へと送り込み、その死体処理も行う“ゾンダーコマンド”として働いていた。ある日、ガス室でまだ息のある少年を発見する。結局亡くなってしまったその少年を、サウルは自分の息子と思い込む。そしてナチスの監視の目を盗み、ユダヤ教の教義にのっとった正しい埋葬で弔ってあげようと決意するのだったが…。

キャスト

ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョーテール・シャーンドル

予告動画

タイトルとURLをコピーしました