8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

洋画
8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

製作国:アメリカ / 製作年:2020年 / 初公開日: 2021/07/31 / 配給:Color

あらすじ

広島で至近距離で被爆した父の壮絶な体験を聞き取り、2013年に英語で書籍化し、翌年に日本語版『8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心』として出版した臨床心理医の美甘章子が、自ら製作総指揮を務めて映画化したアメリカ映画。地獄のような状況で生き延びた父・美甘進示の体験を本人の証言と再現映像で描き出すとともに、40数年の時を経て娘が体験するエピソードを通して、父から娘へと受け継がれた平和のための大切なメッセージを紐解いていく。監督はJ・R・ヘッフェルフィンガー。1945年8月6日、広島。19歳の美甘進示(ジョナサン・タニガキ)が父の福一(エディ・大野・トオル)と共に建物疎開の準備をしていたとき、上空で原子爆弾がさく裂し街中が焦土と化す。瀕死の重傷を負った父子は救助を求めて街をさまよい、進示はあまりの苦痛に死すら願うが、父に励まされ懸命に前を向く。その後離れ離れになった父を捜す進示は、自宅のあった場所でがれきの中から父の懐中時計を見つける。それから40年後、進示の平和への願いがニューヨークの国連本部に届く。

キャスト

田中壮太郎、ジョナサン・タニガキ、エディ・大野・トオル、美甘進示、美甘章子、ユーリ・チョウ、松坂龍馬、ニニ・レ・フュイン、アーサー・アクシス

予告動画

タイトルとURLをコピーしました