世界の中心で、愛をさけぶ

邦画
世界の中心で、愛をさけぶ

製作国:日本 / 製作年:2004年 / 日本劇場公開日:2004年5月8日 / 配給:東宝 / 上映時間:138分

あらすじ

片山恭一の同名小説を「ロックンロールミシン」「きょうのできごと」の行定勲監督が、「解夏」の大沢たかおと「着信アリ」の柴咲コウ主演で映画化した本格ラブ・ストーリー。最愛の人の死を胸の奥に抱えたまま、現在の愛に葛藤する一人の男の姿を切なく描く。結婚を控えていた朔太郎は、婚約者・律子の突然の失踪に困惑する。律子の行き先が四国と知り、彼女を追って四国へ向かう朔太郎。しかし、そこは朔太郎の故郷であり、彼の初恋の相手にして最愛の人・アキとの思い出が眠る場所でもあった。朔太郎は次第に初恋時代の思い出の中に迷い込んでいく――。高校2年の朔太郎は、アキとの甘く淡い恋に浸っていた。ウォークマンでの声の交換日記や無人島への一泊旅行…。ところが、約束されていたと思われた2人の明るい未来は、アキが不治の病であることが発覚し一転してしまう。

キャスト

大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみ、森山未來、山崎努、天海祐希、杉本哲太、宮藤官九郎、津田寛治、高橋一生、菅野莉央

予告動画

タイトルとURLをコピーしました