レッドクリフ Part I

洋画
レッドクリフ Part I

製作国:アメリカ、中国、日本、台湾、韓国 / 製作年:2008年 / 日本初公開日:2008年11月1日 / 配給:東宝東和=エイベックス・エンタテインメント / 上映時間:145分

あらすじ

ジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を100億円を投じて全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの壮大なロマンと、彼らを陰で支える女性たちの姿も浮き彫りに描く。出演はトニー・レオン、金城武、これが映画初出演のリン・チーリン。西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。軍師の孔明は、劉備に敵軍である孫権との同盟を進言、自ら孫権のもとへと向かう。しかし、孫権軍では降伏論が大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。そんな時、孔明は孫権軍の重臣・魯粛の導きで、孫権が兄と慕う司令官・周瑜と面会することに。最初は互いに警戒心を抱いていたものの、次第に2人は相手への尊敬と信頼を深めていく。

キャスト

トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、チャン・サン

予告動画

タイトルとURLをコピーしました